ほっかブログ

カテゴリー「つぶやき」

偏りが生む軋轢

会社内が営業部、生産部と別れている場合
どの部のだれがやっても
同じ値段と時間で
同じクオリティのものができる
というのが理想的ですが
煩雑な作業工程がある仕事の場合はなかなか難しいので
かなりの教育コストをかけるか
工程を細分化して作業一つ一つを専業化しない限り
むずかしいと思います。
そんな理想的な分業状態が
マネジメントできていない職場では
仕事をだれにやってもらおうか?
という状況が生まれてきます。
そんな時にだれを選ぶかは
できるか
できないか
よりも
やってくれそうか
やってくれなさそうか
というポイントのが大きい気がします
・なんだかんだ言ってやってくれそう
・ちょっと教えればやってくれそう
・残業してでもやってくれそう
などの理由で仕事を回すことになると思います。
スキルの有無にかかわらず
自分の給料分はもう十分に働いてるから
「それはできません」って思ってる人には
仕事回すなオーラが出ていて
結果的にあまり仕事が回ってこない。
その会社と労働契約を結んでいる
社員という立場では
はっきり目に見える形で
給料分の仕事というのが
数字などではっきり提示されない場合
社員自身が判断するしかないので
仕方のないことだと思います。
しかし
やってくれそうな人
やってくれなさそうな人
に回ってくる仕事の量と質の差が広がり過ぎて
・あの人は就業時間中に読書してる
・あの人は頻繁に行方不明
・あに人は「今やること?」なことしてる
なんて状況になってしまって
社員の間に軋轢が生まれてしまいます。
お互いにストレスが溜まって良いことはないですね……

よい現状維持

集団には必ずしも共通目的を達成するために
行動をするわけではないときがあります
その目的が
現状維持
という強い潜在意識だったりします。
現状維持の前では
集団の利益も社会の利益も目的ではなく
都合のいい言い訳の道具でしかないので
・新人のせいで利益がない
・会議で報酬がもらえてラクなもんだ
とか言えちゃうし
・めんどくさい人には注意できない
・変わろうとするが何も捨てない
やりたいことばかりやる人も
実はやりたくないことをしないという現状ために
動いてるかもしれない。
集団や社会のために現状打破と叫ぶの陰には
自分以外はという条件がついていて
自分の本質は現状維持だったりする。
そう考えるといろいろ合点がいく気がする。
ただし自他ともによい状態なら現状維持はよいことだと思う。

自爆>自滅

流行語大賞候補に
ブラック企業という言葉も入っている世相なのか
年賀状の販売の自爆営業の記事が
ネットのニュースに載っていました。
商品に魅力を感じてもらえないと
どうしてもこうなっちゃうのかな?
ホントに駄目ですが
まだよいほうかもしれません
自爆で買った年賀状はお金になるし
見かけだけでも売上になって給料になって返ってくるし
金券ショップも余った年賀状は切手に替えられてまた売れるし
切手の印刷コストが
年賀状を切手に交換する際の手数料以下なら
そんなに日本郵便も損じゃないかもしれないし。
(未使用年賀状がどれくらい日本郵便に返ってくるのやら……)
ほんとにヤバいのは
売上目標のために
会社を維持する利益も考えずに
とにかく受注してしまう自滅営業だと思います。
年賀状で例えれば
1枚10円で売っちゃうみたいな……
それを売上がないから黙認みたいな……
法律で取り締まってくれないかな~。

秘密保護

必要以上に秘密が正当化されると
事実を言わなくてもよくなる
答えに「それは秘密なので言えません」が多くなる
下手するとウソが正当化される
秘密を知らないと情報不足で議論に無駄が多くなる
一部の立場や利益をが護され続け改革や変化が遅くなる
現状も秘密だらけなんだろうけど
正々堂々と言いたくないことを言わずに
現状を維持したいんだろうな~。
権限はちゃんと人を選んで与えないと
いけないということですね。

目的を売ろう

売る側の理論でいけば
たくさんもしくは高価で買ってもらう手段として
いろいろ付加価値を付けることが
よいことだということになります。
それが過剰に発達してしまったのか
売り手も買い手も目的じゃなく
じつは手段を売買してるかもしれない
外食なら美味しくないといけないわけじゃない
食事の準備・片づけの代行と考えれば
食事専門の家政婦さんでも目的は達成できます。
美味しいものが食べたいなら
美味しい食事の作り方を教えてもらえば目的を達成できます。
売り手も買い手も
手段が欲しいのか
目的が欲しいのか
わけわかんなくなってんじゃないか??
必ずしも飲食店は必要以上に美味しくしなくても
十分にお客さんの目的を達成できるんじゃなないか??
美味しい料理ができるスキルがあれば
店で料理を出さなくても
教えるということで買い手の目的も達成できるんじゃないか??
同じ設備、人で付加価値という手段を
追及するためにすったもんだするより
目的(売り手)を変えちゃった方がいいんじゃないのか?
また
0からならのがみんな抵抗なく一つになれる
そんな気がする。

理容と美容

景気には申し訳ないが
丸刈でもあるし某理容チェーン店で
髪を刈っています。
景気の悪さもあるでしょうが
どうしてこの理容店はいつも混んでいるのだろう??
早くて安いから?
会話もないドライさが楽?
でも床に前の人の髪の毛たくさん落ちてるよ……
多分、大きな理由は
髪型にあまり興味がないからだと思う。
もし、そんな人たちに
ちょっとお値段高めの美容室に来てもらおうとしたら
どうしたらいいのでしょうか??
髪型の重要さを説く
・異性にもてますよ
・仕事のお客様に与える印象もかわりますよ
・うちは○○さんもカットしてるから大丈夫
だからお金をかけるべきです!
って言うのかな??
でもそれってお客さんのニーズなのでしょうか??
必要と思ってないことを
必要だと思わせることがお客さんのためでしょうか?
お客さんの知識不足もあるかもしれないけれど
善意のつもりでも価値観を押し付けてるだけかもしれせん。
また、個人の主観に委ねられる見た目などを売りにする場合
感性の合う人しかお得意さんになりにくいから
設備や人は最低限じゃないと経営的に厳しそう
人それぞれこだわることが違います
すべての人がすべてのことにこだわりを持っていないから
こだわりを持たない仕事の方が
お客さんがたくさん集まりやすくて
席数も従業員も多い安価な理容チェーン店が混雑する
だだ、従業員の給料も仕事も充実してるかは知らないけど……
 
なんて思いながら
刈られてたのは彼らは知るまい。

君が必要だ!

中日の契約更改の年俸減額っぷりが
ニュースになっています。
勝負の世界とはすさまじいですね
数名の選手で小さな会社の年間売上なんて
簡単に減額されちゃいます。
来年はBクラスからAクラスに行くために
・がんばって欲しいから減額はほどほどに
と考えるか
・がんばって欲しいからこそ大幅減額に
と考えるか分かれるところだと思います。
自分で仕事をマネジメントする選手たちには後者のほうが
圧倒的に効果が出るのかな~??
いや、一般の会社でも
社員がますます言うこと聞いてくれなくなる
なんて思って
安易に昇給とかするべきじゃないと思う
昔からの同じ業務を言われた通りにやってれば儲かる会社なら
それもありかと思いますが
昔からの同じ業務じゃにっちもさっちもいかない
かといって社員に儲かる仕事を与えるマネジメントができず
社員が自分で仕事を作る環境をマネジメントしないといけない場合は
敢えて厳しい環境を作った方が早く良い結果が出るかもしれない
ただし、「厳しいけど君は○○だから必要だ」と納得できる理由とセットじゃないと
だれもいなくなっちゃうと思う……今更か??
結果も問わずに昇給しては
ズブズブドロドロのヌルーい沼から出たいと思っても
なかなか出られない
大人ってめんどくさいかもね……
さ~来年の中日は如何に!!

お友達取引

お客様と仲良く(友達に)なって仕事もらいます!
それってどうなの??
・お近づきの印にサービス
・お友達だからサービス
・お友達だからしょうもない用事でも頻繁に来訪
・お友達が困ってると言ってるからサービス
(○○円しかないけどやってくれない?とか)
・お友達の紹介だから友達の友達も同様のサービス
の末に
・こじれたら永久にサヨナラ
自営業やプライベートならまだしも
会社の時間や人を使うとすると
友情の分だけ利益や時間が消えてしまう。
お客さんに対する存在価値を友達にしてしまうと
ある程度継続的に仕事はくるかもしれないけど
関係維持に手間がかかる割に
利益が思った以上に減ってしまう。
知り合いになるのは大事だけど
友達になるより
その仕事の専門家という
存在価値になるための手間をかけるべきだと思う。

事なかれの海

愛想笑いが苦手です
心の中にネガティブな感情があっても
愛想笑いができれば世の中平和?
そんな事なかれ主義が招いたのが閉塞感だと思います。
波風立てなきゃ何もかわらないんじゃないかと思う。
ただ、思った以上に叩いても波は立たない
水中に渦はあるかもしれないけど水面に出ない!
事なかれか?それとも相当硬直してるのか?
そのうち変なとこから変な波が来る
事なかれの海は今日も平和です
見た目はね……

シンプル or ガッチガチ

食品や料理の偽装や誤表記のニュースが騒がしいです。
これからは
シンプルなメニューが増えるのか?
ガッチガチに詳細を固めたメニューが増えるのか?
飲食業界全体に影響が出そうですね。
何でもいいのでウソなしで
自分や自分の子どもが食べてもよいと思うものを
仕入れ業者から買いたたかず材料を仕入れて
従業員に十分な給料と休暇を与えても
店舗維持できる価格で調理して売ってもらえれば
それでいいです。